預金保険制度は、預金保険機構により運営がなされており、万が一金融機関が破綻した場合にも、預金者は、法律の範囲内において預金等の保護がなされる制度です。

この制度は、預金者の保護や資金決済の確保を図ることによって、信用秩序を維持することを目的としており、決済用預金は全額保護、一般預金等については元本1,000万円とその利息が保護されます。




預金保険制度

 

預金保険制度(1.48MB)

 

   金融庁ホームページ「預金保険制度」より


 

預金保険制度の解説                         

 

 預金保険制度の解説(4.66MB)

 

預金保険機構ホームページ「預金保険制度の解説」より






「預金保険制度」に関する詳しい情報は、

預金保険機構のホームページ https://www.dic.go.jp/ をご覧ください。